白髪染めトリートメントにデメリットはある?使う前に抑えておきたい基本知識

「白髪染めトリートメントは髪や頭皮に優しいって聞いたけど、使っていて不便な点はないのかな?」

そう疑問に思われている方もいるかもしれません。

良いところを知れば悪いところも自然と気になってきてしまうもの。

髪や頭皮が傷みにくいからと言って、それ以外に悪い点の方が多ければ誰だって使いたくありませんよね。

そこで今回は、白髪染めトリートメントにどんなデメリットがあるのかお伝えしていきたいと思います。

白髪染めトリートメントを使って後悔してしまわないためにも、ここでメリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

白髪染めトリートメントを使用する前に知っておきたいデメリット

それではさっそく、白髪染めトリートメントのデメリットをご説明していきます。

髪や頭皮を傷めずに染められる白髪染めトリートメントには、一体どんなデメリットがあるのでしょうか。

1つずつ見ていきましょう。

一度使っただけでは白髪が染まりづらい

まず一番先に白髪染めトリートメントで挙げられるデメリットが、一度の使用では白髪が染まりづらいという点です。

美容院の白髪染めや市販の白髪染めでは、一度染めただけでもしっかりと染まるものですよね。

ところが白髪染めトリートメントの場合はしっかりと白髪を染め上げるために、何度も使用しなければいけないのです。

ではなぜ美容院や市販の白髪染めよりも染まりにくいのかというと、一度脱色をしてから染める白髪染めに対し、白髪染めトリートメントは髪の表面に色素を定着させて白髪を染めていくからです。

ですから脱色をしない分、色素が入り込みにくくなるので白髪が染まりづらくなってしまいます。

通常の白髪染めよりも色持ちの持続期間が短い

白髪染めトリートメントに挙げられているもう1つのデメリットは、色持ちの持続期間が短いというところです。

美容院などで白髪を染めると色持ちが長く続くのに対し、白髪染めトリートメントの場合は数日で色落ちしはじめてしまうことがあります。

しかしそうした色持ちの持続期間が長い白髪染めには、髪や頭皮が傷む原因を作るジアミンなどが含まれていることが多いのです。

ですが色持ちの悪さや何度も白髪染めをする手間を考えると、どうしてもデメリットとなってしまうでしょう。

白髪染めトリートメントのデメリットは克服できる!

前項では白髪染めトリートメントのデメリットをいくつかお伝えしました。

しかし白髪染めトリートメントは少し使い方を変えるだけで、デメリットを低減することができますよ。

その方法とは一体どんなものなのかこれからご紹介していきますね。

髪や頭皮を温めながら放置する

白髪染めトリートメントを塗った後、髪や頭皮を温めておくと染まりやすさをUPさせることができます。

ちなみに髪や頭皮を温める方法には、

  • シャワーキャップを被ってその上から蒸しタオルを巻く
  • ドライヤーの温風を当てる

このようなものがありますよ。

白髪染めトリートメントでも染まりやすさを上げたい時にはぜひ実践してみてくださいね。

放置時間を延長してみる

白髪染めトリートメントを塗った後、放置時間を延ばしてみるのも染まりやすさUPにつなげることができます。

通常は数分から数十分放置すればOKとなっている白髪染めトリートメントですが、1時間ほど放置してみるだけでも染まり具合が大きく変わってきます。

デメリットである染まりにくさを克服するには、放置時間を長めに取ってみるのもおすすめですよ。

低刺激のシャンプーを使用する

低刺激のシャンプーを使うようにすると色落ちの速度を和らげることができます。

白髪染めトリートメントを使っていて色落ちしやすくなってしまうのは、シャンプーが原因となっていることもあるのです。

そこで洗浄力の強いシリコンが含まれていないシャンプーを使うと、色持ちを良くすることができますよ。

さらにシリコン不使用の低刺激シャンプーを使えば、白髪染めトリートメントの染まり具合を良くすることにもつながりやすくなります。

なぜならシリコンは髪の表面を覆って白髪染めトリートメントの色素が沈着するのを妨げてしまうからです。

そのため低刺激のシャンプーを使うようにすると、染まりやすさと色持ちの悪さ両方の悩みを解消することができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

デメリットだけじゃない!白髪染めトリートメントが持つ本当の魅力

白髪染めトリートメントにはデメリットもありますが、それ以上に使うメリットはたくさんあります。

ここからは白髪染めトリートメントが持つ魅力についてご紹介していきますね。

白髪染めをしても髪や頭皮が傷まない

白髪染めトリートメントを使うメリットには、髪や頭皮が傷まないという点があります。

白髪染めで髪や頭皮を傷めた経験がある方であればもう既にご存知かもしれませんが、市販で売られている白髪染めなどには危険な成分が使われていることもあるのです。

特にジアミンは、白髪が染まりやすく色持ちが良いという反面、髪や頭皮に強いダメージを与えるという欠点があります。

たしかに染まりやすさと色持ちの良さは大事なポイントとなりますが、それで髪や頭皮が傷んでしまっては意味がありません。

誰だって白髪は染めたくても、髪質はずっと美しく保っていきたいと願うものだと思います。

しかし白髪染めトリートメントはこのようなジアミンを使っていることが少なく、髪や頭皮を傷める心配をせずに白髪染めをすることができますよ。

自然な髪色をキープできる

自分の白髪に違和感を感じることなく白髪染めをすることができるのも白髪染めトリートメントの魅力的なところです。

脱色をして白髪を染めるタイプの白髪染めだと、日付が経過するに連れて伸びてきた髪から白髪が目立ちやすくなってしまいます。

一方白髪染めトリートメントの場合だと、髪の表面に色素を定着させているので白髪が浮き出てきてしまっても大きな違和感を感じることがありません。

ですから白髪を染めた後のプリン状態を避けることができますよ。

周りの人へ気づかれずにひっそりと白髪染めをしたい時でも白髪染めトリートメントは役立ってくれそうですね。

まとめ

白髪染めトリートメントにはデメリットもありましたが、個人的にはメリットの方が多いように感じます。

また、デメリットに挙げられていた染まりにくさと色持ちの悪さは使い方次第でデメリットと感じないようにすることができますよ。

白髪染めトリートメントを使って、白髪のない美髪を手に入れてしまいましょう。