白髪染めトリートメントの使い方は?効果が発揮されやすい染め方をご紹介

髪を傷めずに染めることができる白髪染めトリートメント。

白髪で悩んでいる方は、使ってみたいと思っている方もきっといるはずです。

しかし、どのように使うのが正しいのか、どうすれば染まりやすくなるのかというのは分からないものですよね。

そこで、白髪染めトリートメントの使い方やコツなどをご紹介していきたいと思います。

正しい白髪染めの仕方で上手に白髪を染めちゃいましょう。

白髪染めトリートメントとは?普通の白髪染めとなにが違うの?

それではまず、白髪染めトリートメントの基本知識からご説明していきます。

白髪染めトリートメントにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

白髪染めをしながら傷んだ髪をケアしていくことができる

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めよりも髪が傷みにくいという特徴があります。

それは髪を傷めてしまう成分が配合されていなかったり、逆に髪をケアするトリートメント成分が含まれていたりするからです。

白髪染めトリートメントを使えば、傷んだ髪を補修していくことができますよ。

しかし、髪には優しくてもしっかりと染まるのか心配な方もいると思います。

ですが白髪をきちんと染めることもできるのでご安心くださいね。

髪が傷んでいる方や髪を美しくしたい方には特におすすめです。

手間をかけずに白髪を染めることができる

白髪染めをするとなると、たいていは30分くらい待たなければならないものが多くあります。

そうなると、毎日を忙しく過ごしている方だったらなかなか染めることができなかったり、白髪染め自体が面倒に感じてしまうこともあると思います。

だからといって美容院などで白髪染めを行うとそれだけでお金がかかってしまうし、経済的にも負担になってしまいますよね。

しかし白髪染めトリートメントであれば待ち時間が5分だけで染められるものもあるので、簡単に染めることができてしまいます。

それに美容院へ行くよりもずっと安く済むので、時間のことを考えても、コストのことを考えてもとてもおすすめですよ。

白髪染めトリートメントの使い方は?

では、ここからは白髪染めトリートメントの使い方についてご説明していきたいと思います。

染め方には、以下の2つの方法がありますよ。

濡れた髪に白髪染めトリートメントを使う時の手順

まずは濡れた状態の髪に白髪染めトリートメントを使う時の染め方から見ていきましょう。

手順1.シャンプー後にタオルドライをしてから髪へ塗る

白髪染めを髪に塗る前に、シャンプーをしておきます。

また、髪が汚れていると染まりにくくなってしまうのでちゃんとキレイにしてから塗りましょう。

ちなみに濡れた髪から染める時は、お風呂場で行うのがおすすめですよ。

手順2.塗った後は数分そのまま放置する

放置時間は、初めて使う場合少し長めにするのが良いでしょう。

2回目以降は通常通りの時間でOKです。

しかし長く放置するとその分色も付きやすくなるので、自分に合った待ち時間を見つけてみてくださいね。

手順3.髪を洗い流す

放置後に髪を洗う時は、色が出なくなるまでしっかりと洗います。

手順4.再度タオルドライをしたらドライヤーを使って髪を乾かす

タオルで髪を乾かす時にタオルに色が付いてしまうことがあるので、使用するタオルはできるだけ汚れても構わないものを使うようにしましょう。

乾いた髪に白髪染めトリートメントを使う時の手順

続いては乾いた髪に白髪染めトリートメントを使う時の染め方です。

手順1.乾いた状態の髪に塗る

髪が乾いた状態で染める時に注意しなければならないのは、髪が汚れていないかということと髪をセットした状態ではないかということです。

汗をかいていたりして汚れている髪や、セットする時に使った成分などが髪に付着していると染まりにくくなってしまうのでそういった時には避けるのが無難です。

手順2.髪に塗ってから放置する

こちらも先ほどの濡れた髪の状態と同様に、初めて染める時は少し長めに放置するのがおすすめです。

そうすることで、髪に色が浸透しやすくなりますよ。

手順3.シャンプーを使って洗い流す

待ち時間が経過したらシャンプーで髪を洗っていきます。

この時にリンスをするのもOK。

お好みでシャンプーだけにするかリンスも一緒にするかを決めてみましょう。

ただし白髪染めトリートメントの種類によってはシャンプーを使わずにお湯だけで洗った方がいい場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

手順4.タオルドライ後にドライヤーで髪を乾かす

タオルで髪を乾かす際は、汚れても問題ないタオルを使うとあとで後悔をせずに済むかもしれません。

白髪染めを上手に行うためのコツ

最後に、上手に白髪染めを行うためのコツについてお伝えしていきますね。

効率よく白髪を染めていくためには、次のようなことを行ってみましょう。

たくさんの量を髪に塗る

白髪が生えている部分で特に気になるところに塗ることで、染めた後にムラができにくくなります。

たくさんの量を塗ることで、キレイに髪を染めることができますよ。

放置時間に髪を温めると染まりやすくなる

髪に塗ってから待っている間に髪を温めておくのも効果的です。

髪を温めておくことで、浸透力が上がるので染まりやすくなります。

温める方法としては、シャワーキャップやサランラップなどがあります。

また、シャワーキャップやサランラップの上からタオルを巻いて温めるとさらに良いでしょう。

根本などの塗りにくい部分にはアイテムを活用

髪の根本などは手で塗ろうとしてもなかなか上手く塗れないことがあると思います。

そうした時はクシなどのアイテムを使用するとムラのない仕上がりにすることができますよ。

ですからこのようなアイテムなども活用してみてくださいね。

まとめ

ここまで白髪染めトリートメントの使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

白髪がちゃんと染まらないとすぐに染め直さなければいけなくなってしまうし、どうせ染めるならきちんと染めたいですよね。

まだ白髪染めトリートメントを使ったことがないという方も、ぜひ使用してみてくださいね。

そうすると、傷んだ髪を美しい髪へと変えていってくれるはずですよ。

髪を傷めずに染められる白髪染めトリートメントを使って、ストレスや悩みのない毎日を送っていきましょう。